パグ‐塩田

パグ‐塩田

はかつて、白い黄金と呼ばれ、何世にもわたり、生活に不可欠な略的源でした。パグPagの塩田は総面積3.01平方キロメートルに広がり、海が現代の暮らしにおいて果たしている役割から、今日でも重要な位置を占めています。パグ産の塩は、極めて高いミネラル成分を含んでいます。

 

パグ島の塩の製造は9世紀から記録がありますが、2000年以上前から製造が行われていたと考えられています。塩田については古い記録が多く残されています。パグ島のスクリヴァナト塔は、船で運び出す塩の量の記録所として使われていました。

コンタクト

ダルマチア - ザダル地域