ザグレブ市

ザグレブ市

クロアチアの首都へようこそ。ここは、豊かな歴史にめぐまれた文化や博物館、コンサートやスポーツの町で、フレンドリーな雰囲気が満ち、人なつこく親切な人々がいる町です。街には、おもしろいことがもりだくさん!観光のみどころは、町の歴史的中心部-新市街(ドニィ・グラード)、カプトル、そして旧市街(ゴルニィ・グラード)。ここでは、さまざまな種類の建築物を目にすることでしょう。新市街の中心地は、イェラチッチ総督広場。ここは、ザグレブ最大のメイン広場です。広場のすぐ隣にのびるのは、町でもっとも長く有名なイリツァ通り。

 

これはザグレブのメイン通りで、ショッピングエリアの中心でもあります。科学リサーチを目的とした植物コレクションが集められている美しい植物園を訪れましょう。ザグレブで一番古い公園は、メイン広場からほんのすぐ近く。ズリニェヴァツZrinjevac公園には、歩いてほんの数分でたどり着くことができます。マクシミルMaksimir公園に行くのも、どうぞお忘れなく。ここは南東ヨーロッパ初の公営公園なだけでなく、世界的にも最初の公営公園の一つでもあるのです。マクシミル公園には、低地の森林をすみかとする動植物界が広がっていますが、それ以外のさまざまな種類の動植物もここに住んでいます。動物園を訪れると、多様な種類の動物を眺めながら、楽しい一日を過ごすことができます。美しい公園群を抜ける散策には、ちょっと疲れた頃でしょう。

 

それなら旧市街に向かう前に、トゥカルチチェヴァTkalčićeva通りへ立ち寄りましょう。ここは、居心地のよいカフェやレストラン、スイーツショップなど、魅力的な場所が立ち並び、あらゆる世代層に人気の待ち合わせ場所なのです。

City of Zagreb
Zoran Jelača

旧市街には、トゥカルチチェヴァ通りから行くことができるほか、ケーブルカーで行くこともでき、上へあがると、新たなみどころが待ち受けています!トゥカルチチェヴァ通りからは、ザグレブ大聖堂とその古い建築物がある歴史的なエリア、カプトル地区へも行くことができます。カプトルの中心部には、通称、ザグレブ大聖堂として知られる聖母マリア被昇天および聖ステパン・聖ラディスラヴ大聖堂があります。旧市街に着き、ケーブルカーを降りて最初に目にするのは、バロック様式の聖カタリナ教会。そしてさらに進むと聖マルコ教会やそのほかの博物館や美術館があります。旧市街では、クロヴィチェヴィ・ドゥボリKlovićevi dvori邸や、ザグレブ市博物館、そしてロトルシュチャク塔を訪れるのをお忘れなく。ロトルシュチャク塔にのぼると、新市街のみごとな風景が広がります。この塔のすぐ下にのびるのは、ストロスマエル遊歩道。ここは、どの季節に訪れても、折々の魅力にあふれています。

 

美しい自然にかこまれたハイキングを楽しみたいなら、ザグレブでもできます。メドヴェドニツァ山の頂上、スリェメへ行きましょう。ここは、ザグレブ市民に人気の日帰り行楽地。ここへは車で行けるほか、トレッキングや徒歩でも行くことができます。

 

ミロゴイについても言及しないわけにはいきません。ここもきっと、興味深い体験となることでしょう。ミロゴイは、ザグレブのメイン墓地で、メドヴェドニツァ山すそに位置し、ヨーロッパでももっとも美しい墓地のひとつだと考えられています。ザグレブに詳しい人気のエッセイスト、ズヴォニミル・ミルチェツは、「ドラツは、もっとも美しくもっとも大規模なザグレブの食のモニュメント。美食家にとってこの古い青果市場は、信心深い人たちにとっての大聖堂と同じである」と記述しています。このドラツの丘の上、こんにち青果市場がある場所には、かつて中世の農奴たちが住んでいた集落がありました。こんにち、このマーケットには、地元の産物があふれています。ドラツは、クロアチアの農村エリアの縮図だという人がいますが、まさにそのとおり。それというのも、売り手たちは、クロアチア中の家族経営農家からみずから生産した自家製農作物をドラツに持ってくるからです。市場では、自家栽培の地元のフルーツや野菜、その他の産品を持ってくる売り手たちとのコミュニケーションが楽しめます。魚市場も、ぜひ覗いてみてください。その様子にはきっと目を奪われることでしょう。新鮮な魚は、漁師たちがアドリア海で釣り上げたものです。

 

ドラツのまわりには、カフェやグルメ食材ショップ、ワインバーやビストロがあります。是非ここに来て、そうしたお店の雰囲気を楽しみましょう。ここは、朝のコーヒーや、友だちとのおしゃべり、街なかで食べる朝食にぴったりな場所だからです。

 

ザグレブは誘っています。もしここで経験できるすべてを見たり味わい尽くしていないなら、また来てください、と。

No results