よりどりみどりのレガッタ

よりどりみどりのレガッタ

だれでも参加できるボートレース各種

クロアチアの海辺は、世界でも名だたるヨットマン御用達のパラダイス。そこでは、温暖な気候とセーリングに適した風、息をのむような風景が待ち受けています。セーリングで耳にするのは、風と波の音だけ。このことがいっそう、クロアチアの海辺のマリンアトラクションの魅力を、より鮮明にしてくれます。セーリングの栄誉とお楽しみの両面がハイライトされるレガッタは、クロアチアのセーリングカルチャーとよくマッチしたエンターテインメントで、地元の小規模なレースから大規模な国際レースまで、数多くのレガッタが開催されます。エキサイティングなイベントを探し求めているなら、セーリングの技術レベルがどの程度でも、参加して楽しめるレガッタを、必ず見つけることができることでしょう。


気候条件がよく、開催に適したデスティネーションが数多くあり、絶好のスピードの風にめぐまれているため、レガッタ競技は一年を通して開催されます。冬季はそれほど頻繁に開催されることはありませんが、真のセーリングファンは、冬のさなかでもレースを楽しみ、さまざまに異なる条件のレガッタレースがほぼ毎週末のように開催されます。クロアチアでは、ジュニアクラスとオリンピッククラスの競技のほか、ヨットセーリング、モノクラス・レガッタ、サーフィン競技のレースが開催され、スポーツ志向のヨットマンは、類まれなる多彩でハイレベルのイベントに参加できます。


数多くのヨットセーリング競技は、スポーツの祭典イベントに組み込まれ、地元のレガッタは、海上と陸上の両方からさまざまに楽しむことができるよう趣向がこらされています。なかには、チームビルディングがレースのあとに企画されたり、ヨット競技のなかにテーマに沿ったイベントが組み込まれる場合もあります。
 

Darko Šupuk

スポーツヨットセーリング競技は、最新のORCメジャメントまたはオープン等級に基づいて開催され、クロアチアでは、ORC世界チャンピオンシップとヨーロッパ選手権をホストできるようになっています。シーズン初めに開催されるイースター・レガッタはこうした競技の好例です。TP52クラス競技に代表されるようなモノクラス・レガッタも、人気が高まってきています。

非公式なレガッタレースは、スポーツレガッタよりさらに人気があります。これらのレースは、島や海辺のチャーミングな観光リゾート地をむすぶルートで開催されるイベント。クロアチア海域のアドリア海でももっとも美しいエリアでレースが行われ、参加者は、海と陸の両方で企画されるプログラムを楽しむことができます。これらのレガッタは、シンプルなメジャメントやオープン・クラシフィケーションで行われることが多いため、小さなファミリーヨットから大型で最新鋭の「セーリング・マシン」まで、誰もが参加することができます。こうしたレガッタの一例に、ムルドゥヤMrdujaまたはフィウマンカFiumankaレガッタがあり、非公式部分のレースイベントには、数多くのヨットが参加します。また、ピークシーズンには、コルチュラとドゥブロヴニクのあいだで南ダルマチア・レガッタも開催されます。さらに、ヴィス・レガッタは、150以上のヨットと千人以上のヨットマンが参加するレース。このレースは、レースシーズンが非公式に幕を閉じるのを、多くのセーリングファンに声高に告げる行事となっています。アドリア海では、一部の関係者だけが参加できる非公開のコンペティションも数多く開催され、50艘前後のセーリングヨットが「プライベートパーティー」を開いて海上に集まっている様子をよく見かけます。このほかにも、ベネトー・ラリーやハンス・カップ、アドリアティック・ラグーンのような有名な企業がオーガナイズするレガッタも、クロアチアではよく開催されます。これらのコンペティションすべてに共通していることがあります。それは、自然の美しさからフレンドリーなホストに至るまで、クロアチアの島々のユニークな群島が、極上のイベントの細部まで演出してくれているのです。


したがって、先般のリオデジャネイロで開催されたオリンピックで、クロアチアが優秀な成績をおさめたことは、なんの不思議でもありません。クロアチアで開催されるオリンピッククラスやジュニアクラスのレガッタも、レーザークラスやフィンクラスの世界チャンピオンシップと同じように、トップレベルのレガッタです。クロアチアはまた、外国人ヨットマンがレースに備えるトレーニングにも理想的なロケーションになってきつつあります。ヨーロッパの他の国々で気温がかなり低くなっている時期でさえ、クロアチアではセーリングに適した気候で、レース競技のためのとても魅力的なトレーニングキャンプが提供されています。


スピートとアドレナリンがわきあがるような大興奮の体験を求めている人にも、ここは理想的な場所。クロアチアでは、クラシックセイルやカイトセイルを用いたリラックスした午後のサーフィンを楽しむ機会が、実に多くありますが、それと同時にワールドカップ・レガッタや魅力的な地元のコンペティションの機会も数多くあるのです。
 

Darko Šupuk

クロアチアをヨットレースのデスティネーションとして検討するなら、ひとつ確実なことがあります-それは、探し求めているものがきっとみつかるということ。最新鋭のセーリングヨットに乗ったこんにち最高のヨットマンとレースしたい場合でも、家族や友達とのんびりセーリングを楽しみたい場合でも、そしてまた、セーリングウェアに身を包み停泊用ブイを追いかけながら波をすぐ近くで感じたい場合でも、クロアチアは、あなたのためのデスティネーションなのです。