イストゥラ

変わりゆく内陸

透明度の高いアドリア海に周をとりかこまれたイストゥラ半では、一年を通してなく姿をえていく自然の事な景に息を

むことでしょう。

 

ロヴィニュのような海の村々では、素朴な港と船、狭い小路の景が地中海の囲気を色くにし出している一方、ひとたび内

部に向かうと、南プロヴァンスやイタリアはトスカナを思わせるかで肥沃な色調の景がっています。

止まらない毎日

どこへ行きます

1
POI image

ブリユニ国立公園

プーラに近いイストゥラ半島の南西沿岸に浮かぶブリユニ諸島には、2つの大きな島と12の小島があります。

2
POI image

ポレチュ歴史地区のエウフラシウス聖堂建築群

西暦六世紀に建てられた地中海域では珍しい初期ビザンティン様式建築・美術のバジリカは、司教エウフラシウスEuphrasiusに委ねられ、バジリカ、洗礼堂、アトリウム、鐘楼、司教館を含む施設全体が、ユネスコ世界文化遺産に登録されています。

4
POI image

グロジュニャンとモトヴン‐イストゥラの小さな中世町

ミルナMirna川の肥沃な谷が麓に広がる小高い丘の頂上に、誇り高い姿を現しているグロジュニャンGrožnjanとモトヴンMotovunの小さな町は、そのノスタルジックな風情の建築物と多数のアートギャラリーで知られているほか、多彩な音楽や映画イベントでも有名です。

5
POI image

フム‐世界最小の町

ブゼットBuzetから14キロ南東に位置する、小さな中世都市の町フムHumは、古代スラヴ語であるグラゴル文字の中心地で、12世紀の貴重なフレスコ画があります。中世都市建築のモニュメントであるこの町は、世界最小の町として正式に認定されています。

7
POI image

ラビン‐イストゥラの中世町

小高い丘の上にあるラビンLabinには、採鉱者たちの歴史物語や、スラブ派神学者で歴史家のマティヤ・ヴラチッチ・イリリクMatija Vlačić Ilirik、そして夏にはアーチストたちが中世の通りを舞台に繰り広げる様々なイベントに惹かれて、数多くの訪問客が訪れています。

8
POI image

ロヴィニュの聖エウフェミア教会

小さな海の町ロヴィニュに堂々とそびえ立つエウフェミアSt Euphemia教会は、イストゥラにあるバロック建築の中でも、指折りの美しさで有名。聖エウフェミアはこの町の守護聖人で、その遺物は教会内の大理石の石棺に収められています。