コパチュキ・リトゥ自然公園

自然公園

コパチュキ・リトゥ

コパチュキ・リトゥ自然公園はスラヴォニヤ地方で最も緑豊かな森と水の公園です。オスィイェクに近いドナウ川とドラヴァ川の合流点周辺には広さ238ヘクタールの湿地帯が広がりアクセスしにくいため、太古の時代からその自然が守られてきました。コパチュキ・リトゥはヨーロッパでも最大級の自然の湿地帯で、ユネスコの自然遺産にも推薦されています。野生のイノシシも同じ位の数がいるにも関わらず、シカの大群の方がコパチュキ・リトゥのトレードマークだと言われています。公園内には他にも多くの哺乳動物や鳥類など約300種類の動物が生息しています。その中で最も重要なのはオジロワシやコウノトリ(ナベコウ)などの希少かつ保護された動物です。公園へは、スラヴォニヤ地方最大の街オスィイェクから車で簡単にアクセスできます。原始時代から続く湿地帯や森、洪積層の土地でリラックスできます。園内の遊覧船ツアーが最もおすすめの観光方法で、浅瀬や沼地も巡ります。この素晴らしい公園の東側の国境近くを流れるドナウ川を航行する大型のリバークルーザーで、美しい風景を楽しむこともできます。