プリトゥヴィツェ湖群国立公園

国立公園

プリトゥヴィツェ湖群

クロアチアで最も有名な国立公園で、ユネスコの自然遺産にも登録されています。世界的にも有名なこの公園の目玉は、石灰質の堆積物と特種な石灰岩でできた 16の小さな湖とそれらを結ぶ滝です。ブナ、モミ、トウヒが密生する国立公園内の深い森の中にはコラナ川の水源があります。園内にはいくつかの洞窟や泉、 花が多く咲く草原もあります。ヒグマを始め、多くの保護動物が生息しています。園内を走るパノラマの景色を楽しめる連結バスや音の静かな電動ボートも、公 園を訪れる観光客に人気があります。春は花が満開になり木々が緑に色付き、秋は木々の様々な色が湖面に映え、冬は滝が凍って雪が木々に積もり、どの季節に もそれぞれ公園の美しさを楽しめます。園内には多くの滝や岩だらけの湖畔を巡る順路が整備されています。