役に立つ情報

クロアチアでの休暇を画中ですか?

それなら、下の情がお役に立つかもしれません!

クロアチア 数字でみる

クロアチアの三つのなる候を、実際に体してください。

海岸部は快な地中海性候で、太がのぞく晴れの日が数多くしめます。夏期は暑く乾燥していて、冬期は温暖で雨がちです。

やかな大候の内方面に移すると、温は若干下がります。 

高千二百メトル以上の山に登ると、新な山の空に出会い、夏でも温は13度程度です。

2019年にユに加わる方向ですが、それまでのあいだ、クロアチアの通はクkuna、1クーナは100リパlipaです。

替は、行、替所、便局のほか、ほとんどの旅行代理店、ホテル及びキャンプで、にできます。また、多くのレストランやショップ及びATMで、VisaMasterCardAmerican ExpressDinersのような主要クレジットカードが利用できます。

Converter

換算する金額を入力

Wi-Fi

旅に出ることが、地上から完全に姿を消してしまう日々はわりました。

クロアチアには300か所の無料Wi-Fiスポットがあり、家族や友達と連絡をとりあったり、いつもながらのニュースをチェックするのは、この上なく簡単になりました。

旅券

クロアチアを旅するのに、ビザでませることもありません。光目的の90日以内の滞在なら、残存有が入国に3か月以上あるパスポトだけが必要です。また、EUまたは米国市民でしたら、自国のIDカードだけでも大丈夫です。

クロアチアの制は、EU基準にほぼ完全に準拠しています。

旅券にする情

 

さらなる情が必要な合、外国におけるクロアチア共和国の大使館や領事事務所に問い合わせるか、クロアチア共和国外務欧州問題省のウェブサイトをご覧ください。



http://www.mvep.hr/en/consular-information/

 

 

 

制にする情

 

クロアチア共和国の税関規則は、EU規則及び基準とほぼ完全に同じです。ただし、非商業目的の物品を、個人利用の目的でクロアチアに持ち込む場合、物品額が2,200クーナ(空路・航路の場合3,200クーナ)相当を超えない場合、関税が免除されます。

外国人及び外国国籍を有するクロアチア人は、外国及びクロアチアの通または小切手を、自由にクロアチア国内に持ちみまたは持ち出しができます。但し、一万ユロを超える合は、職員に申告が必要です。そのほか、高業務用装やその他の技術機器も、国境を超える職員への申告が必要です。

クロアチアで一あたり740クナを越える商品を入した外国人で、EUの永住許可または一時滞在許可をもたない者は、VAT(付加価値税)の払い戻しをうけることができます。VAT払い戻しには、購入商品をEU域外に持ち出す際(商品購入から3ヶ月以内に限る)関税職員に、Tax-Freeの用紙を提示して申告します(この用紙は、商品購入時に店員に言えば、必要事項を記入のうえ商品と共に渡してくれます)。払い戻し期間は、領収書発行日より六ヵ月以内です。

さらなる情が必要な合、クロアチア税局におい合わせください。 www.carina.hr  

ペット

クロアチアには、ペットも大迎です!

四足のペットをクロアチアに持ちむには、

入国前に検査をパスするだけでOKです。

検査では、マイクロチップ装着の有無、狂犬病ワ

クチンの接種の有無のほか、ペットのパスポート

または獣医による検疫証明書の有無が確認されます。

ペットを同行してのご旅行中、ご自分のペットに常

任を持っていただきますようご注意ください。

追加情報

生きた物の



ペットの国境には、物の健康状が良好であるとの医による検疫証明書の提示が必要です。猫と犬は、電子識別システム(マイクロチップ)を装着していなければなりません。5匹以内のペットであれば、特定の家庭用ペットの移動認定ができる国境管理所で持ち込み手続きができますが、6匹以上の場合、獣医検査施設を整えた国境管理所での入国手続きが必要です。

 


 

 

ペットれの旅行とそれに伴う



ペットをクロアチア共和国に持ち合、持ちみに必要なすべての条件をたしている任があります。ペットが予防接を受けているか、ワクチン接が失していないか、抗体テストが施されたか、そして、ペットが有なパスポトまたは医の検疫証明書をもっているかを確認してください。ペットがこれらの基準を満たしていない場合、あなたのクロアチア共和国への入国が否認されるかもしれず、ペットは出国地へ送還されるか、施設のある国境管理所で隔離されるかのどちらかとなり、いずれの場合も、飼い主は手続きによって発生する一切の費用を負担することになります。

非商用ペット移規則点から、非商用ペットとみなされるのは次のとおりです:犬、猫、テン(イタチ)、無脊椎動物(蜂とザリガニを除く)、観賞用熱帯魚、両生類、爬虫類、鳥(家禽類を除く)、リスなどの齧歯類、うさぎ。

 

 


 

非商用とみなされるペットの数



最大5匹までの物の入は、非商用となされます。ペットと書類は、クロアチア国境管理所の職員検査を受けなければなりません。これらの物は物品とはみなされず、主または主の委した人のいずれかが、旅行の全行程中、同伴することが必要です。


 


 

ペットの持ちみ条件



EU諸国またはEU以外の低リスク国から、犬、猫、ペット用テン類(ペット用フェレット、白イタチ、アフリカフェレット、イタチ、スカンクなど)を持ち込むときの一般条件は、以下の通りです。

 

  • 識別システム(マイクロチップ)を装着していること。ISO11784または11785の基準を満たさないマイクロチップを装着している場合、飼主は適切なマイクロチップ・スキャナーを用意すること。飼主の氏名と住所が常に明記されていること。ペットの入国時に携行したパスポートまたは検疫証明書に、獣医が発行したマイクロチップ番号が明記されていること。

  • 格の医が行するパスポトまたは検疫証明書を持っていること。

  • 狂犬病の予防接を接みであること。

生後三ヶ月未のペットを、EU諸国またはEU以外の低リスク国からクロアチア共和国に持ち込む場合で次に該当する場合は、予防接種をしていなくても持ち込むことができます:飼い主または持ち込み者が有効なパスポートまたは証明書を所持する場合で、かつペットが生後ずっと同じ場所に住み、その間に感染の可能性のある野生動物と接触していないこと、もしくはペットの世話をしている母親とずっと一緒に移動している場合。

 

高リスク国から犬、猫、テンをクロアチアに持ち合の条件は、次の通りです。

  • 識別システム(マイクロチップ)を装着していること。

  • 医の明、もしくは再入国の合は有なパスポト(クロアチアからの犬の合)。

  • 狂犬病予防接する

  • 狂犬病抗体中和検査明があること。検査料は、ワクチン接から30日後および移動の三ヶ月前に獣医が採ったものとし、最低合格値は0.5IJ/mlとする。検査は公認検査所で行うことが必要。公認検査所の一覧は次のウェブサイトにあります。http://ec.europa.eu/food/animal/liveanimals/pets/approval_en.htm.

  • クロアチアから出国したペットの再入国の合で、クロアチア出国前に受けた抗体中和検査の肯定的果を明するパスポトを所持する合、この三ヶ月ルルは用されません。

  • 目的の物及び、小包として持ちまれた物は、出地で医の検査を受けることが必要です。

  •  

    さらなる情が必要な合、農業漁業地方開発医局におい合わせください。電話: +385 1 6443 540. ウェブサイトwww.mps.hr

 

クロアチアにする情

クロアチア土のは、56,594平方キロメトル、セリング、水泳、ダイビングができる海面は、31,479平方キロメトルです。

クロアチアは、地中海の一部で、ヨロッパ大の奥深くに入りんでいるアドリア海岸のほとんどを有しています。

地中海地方と中央ヨロッパ内部のには細長いディナル山が横たわり、内部は、北西部はアルプス山脈東端から、部はドナウ河沿岸に及び、肥沃なパンノニア平原の南部を取りんでいます。 

もし美しい景だけでは物足りないようでしたら、耳寄りな情があります。クロアチアでは全土で水道水が飲めるのです