スラヴォニア

スラヴォニア

スラヴォニア

伝統の残

Add to my trip

スラヴォニアSlavoniaは数々の伝説の地。神話や秘密は、世代を超えて今なお誇らしげに語り継がれています。この地では、地元の人たちは、収穫祭や伝統衣装、地元の民俗音楽などの昔ながらの伝統を、かたくなに守っているのです。

 

スラヴォニアの人たちは、また、前のよいホストで、地元の肥沃な低地で作られる上なワインのグラスをけながらの置けない世間話に花をかせ、チョバナツčobanac(肉煮込みシチュー)やフィッシュ・パプリカシュfiš paprikaš(魚スープ)のようなピリ辛の郷土料理でもてなしてくれます。

  • Slavonia

  • Slavonia

  • Slavonia

  • Slavonia

  • Slavonia

  • Kopački rit

  • Đakovo

どこへ行きます

ブロド砦とフランシスコ会修道院‐スラヴォンスキ・ブロド

十八世紀のブロドBrod砦は、クロアチアでも最大級を誇っています。フランシスコ会修道院は、保存状態が良く、スラヴォニア・バロック建築でも屈指の建築物です。特にその回廊は、北部クロアチアの修道院建築の代表とされています。

パプク山地自然公園

このユニークな地質と生物環境、それに確かな文化的特が認められ、パプクPapuk自然公園は、クロアチアで唯一のユネスコ地質学公園に指定されています。学習道、樹齢五百年ものオーク巨木、中世の町ルジツァRužicaの砦などの見どころを求めて、毎年、数多くの訪問者がやってきます。

オスィイェクOsijek要塞

このロマンティックな町の古い中心部は、十八世紀初めのバロック期に現在の基本的な輪郭が整えられ、要塞は軍事砦と市民生活の場を兼ね備えていました。かつて、威風堂々とした要塞は、いまでは土と市門の一部だけが、ドラヴァDrava川畔に残っています。

コパチュキ・リト自然公園

コパチュキリトKopački Rit自然公園は、中央ヨーロッパ最大級の動物・魚類の自然繁殖地があるユニークな湿原保護区で、重要な鳥類保護区でもあります。

 

スザSuzaとズマイェヴァツZmajevacの村々の中には、ワインセラー「ガトリgatori」が続くワイン通り「スルドゥツィsurduci」があり、中には二百年以上も前のワインセラーや、丘面を掘って作られたワインセラーなどもあります。

 

 

5
イロックのオデスカルチ城と中世の塁壁

イロックのオデスカルチ城と中世の塁壁

見事なルネサンス庭園建築、カピストラノCapistranoの聖ヨハネ教会と修道院を備えた、オデスカルチOdescalchi公の要塞と城の塁壁は、ドナウ川の上にそびえ立ち、クロアチア最東部の町イロックIlokのよく保存された都市施設の一部となっています。

ジャコヴォĐakovoのリピツァ馬飼育牧場「エルゲラ」

エルゲラErgela(馬飼育牧場)は十三世紀に創設されていますが、その名が文献に初めて現れるのは1506年のこと。十八世紀からはリピツァ馬だけを飼育し、その名声は広く知られるようになりました。今日、エルゲラは、優秀なリピツァ馬の遺伝資源を有し、クロアチアの文化資産になっています。